eb-8913280 キャンブロ エレメンツ 【未使用品】 固定 540×1830×H2140 メッシュ 4段 ESU217284V メイチョー 540×1830×H2140,26263円,eb-8913280,【メイチョー】,エレメンツ,jun-kikaku.jp,4段,ESU217284V,メッシュ,インテリア・寝具・収納 , 収納家具 , キッチン収納 , キッチンワゴン,固定,/amblyoscope1331101.html,キャンブロ eb-8913280 キャンブロ エレメンツ 【未使用品】 固定 540×1830×H2140 メッシュ 4段 ESU217284V メイチョー 26263円 eb-8913280 キャンブロ エレメンツ 固定 540×1830×H2140 4段 メッシュ ESU217284V 【メイチョー】 インテリア・寝具・収納 収納家具 キッチン収納 キッチンワゴン 540×1830×H2140,26263円,eb-8913280,【メイチョー】,エレメンツ,jun-kikaku.jp,4段,ESU217284V,メッシュ,インテリア・寝具・収納 , 収納家具 , キッチン収納 , キッチンワゴン,固定,/amblyoscope1331101.html,キャンブロ 26263円 eb-8913280 キャンブロ エレメンツ 固定 540×1830×H2140 4段 メッシュ ESU217284V 【メイチョー】 インテリア・寝具・収納 収納家具 キッチン収納 キッチンワゴン

eb-8913280 キャンブロ エレメンツ 未使用品 固定 (訳ありセール 格安) 540×1830×H2140 メッシュ 4段 ESU217284V メイチョー

eb-8913280 キャンブロ エレメンツ 固定 540×1830×H2140 4段 メッシュ ESU217284V 【メイチョー】

26263円

eb-8913280 キャンブロ エレメンツ 固定 540×1830×H2140 4段 メッシュ ESU217284V 【メイチョー】




商品の仕様
●外寸(mm):540×1830×H2140
●材質:複合素材(コンポジット)
■● 厨房や冷蔵庫など水や湿気の多い場所。海の近くや屋外にも…サビないシェルフは苛酷な環境でも強さを発揮します。
● 優れた耐久性。-38℃から88℃の温度範囲に対応。高湿度、乾燥、低温、または高温の環境に適しています。湿気や化学薬品に対しても強い耐性。剥がれたり、へこんだり、ゆがんだりせず、錆びません。
● 確かな強度。鋼鉄のように頑丈な複合素材(コンポジット)採用。最大間口1980mmで、シェルフ毎の最大耐荷重は272kg。鋼鉄より60%軽く、組み立て、調節、構成変更が簡単。湿気に強く、錆びや腐食がおきない。
● 衛生的なデザイン。シェルフ表面が滑らかなので、汚れが簡単に拭き取れます。シェルフプレートは簡単に取り外しができ、食器洗浄機で洗えます。シェルフプレートにはカムガード?抗菌剤が練り込まれています。カムガードは、有害な細菌の繁殖を継続して抑制します。
● あらゆるニーズに適した多様な構成。様々なサイズのシェルビングを組み合わせることにより、どのような広さの場所でも効率の良いレイアウトが可能となります。ゴム製ハンマーだけで簡単に組み立てられます。シェルフはユニットを分解せずに100mm単位で調整できます。

※商品画像はイメージです。複数掲載写真も、商品は単品販売です。予めご了承下さい。
※商品の外観写真は、製造時期により、実物とは細部が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
※色違い、寸法違いなども商品画像には含まれている事がございますが、全て別売です。ご購入の際は、必ず商品名及び商品の仕様内容をご確認下さい。
※原則弊社では、お客様都合(※色違い、寸法違い、イメージ違い等)での返品交換はお断りしております。ご注文の際は、予めご了承下さい。

eb-8913280 キャンブロ エレメンツ 固定 540×1830×H2140 4段 メッシュ ESU217284V 【メイチョー】

恥ずかしくて、ためになる情報発信 Female Domination & BDSM

Pick Up

【最近のエントリー】



WARNING !



  



 人により程度は異なりますが、当サイトのコンテンツはあなたのマゾヒズムを刺激し、女性を崇拝したり、女性から支配されたくなる願望を強める可能性があります。

 
本当は、見ないでほしい(>_
*当ブログ内のコンテンツを許可なく転載されるのは別に気にしません。
 
 閲覧に関しては全て自己責任でお願い致します。こちらは無責任です。



 


ようこそ! お訪ね頂きましてありがとうございます。当ブログの最新記事はこの下から始まります。


【定期購読中】新着RSSフィード


舐めましておめでとうございます 





 女王様を舐めたらあかんぜよ(>_

 いえイエ、きちんとリスペクトしています。

 実際問題、崇拝してはいても、つい、舌で舐めてしまう。

 この行為で、愛と忠誠心とを示すのも、ひとつのSMプレイ。

 持続可能なライフ・スタイルで、持続可能なSMプレイも、できればと。

 しかし、もう限界かもしれない・・・

 人生そのものが、持続可能なのだから (>_
 
 今年もよろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m







[ 2022/01/03 07:33 ] えすえむだけが人生だ | トラックバック(-) | CM(0)

謹賀新年 2022(令和四年) 



「新年」

それは昨日に続く今日の上

日常というやや平坦な場所に

言葉が建てた素晴らしい家、

世界中の人の心が

何の疑いもなく引越していきました。


           石垣りん「ユーモアの鎖国」 より

 
 別に新年だからって、どうってことないだろう? とでも言いたげなポエム。

 詩人の名前だけは昔から知っていたけど、彼女の作品を読んだことはなかった。

 おそらく教科書か何かで、既視感があったような気はする。

 昨年、たまたま新聞で「この父ありて」というルポルタージュ記事を読み、彼女の壮絶な生きざまを知った。

 女流詩人という言い方は、今の世の中マズいのかもしれませんが、石垣りんは、おそらく日本のボーヴォワールのような人で、シリアスでシビアな詩情には、胸にささるものがあります。




 
■ 人はマゾに生まれない



[ 2022/01/01 15:09 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)

堕ちてさえ艶 



 アレ、見るブログ間違えたかな?

 なあんて思った方、ご安心下さい。マゾ花です。

 寒波じゃないけれど、数年に一度ぐらいは、女性緊縛写真を見てみたりするのも、まぁ、たまにはよろしいんじゃないでしょうかあ〜^^  (。。)☆\バキ

 今年は個人的にいろいろとありまして、生きた心地がしなかったのですが、ナントカ無事に年を越せそうでホッとしております・・・


 冷えこみの厳しい年末年始となりそうです。

 皆様、あったかくして、よいお年をお迎え下さい。


 来年もよろしくお願いします。


 

 




■ 女は縛ると美しくなる



■ 緊縛の芸



■ 緊縛の女王・絹川文代



■ 縛師 Bakushi



■ 椋陽児  女性緊縛イラストの巨匠!



■ 女王様の地位向上の歴史



■ 拝啓クィンローズ様


■ 男性緊縛美







[ 2021/12/31 10:10 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(0)

あごクイと手コキの合わせワザ 



 SMプレイとして、こういうシチュエーションを希望する時に、なんてお願いしますかね?

 女王様というより痴女っぽいキャラには馴染むにせよ、リアルではなかなか難しい場面なだけに、説明が難しい。

 アゴくいと手コキを同時多発的にオアシャス (>_
   ( ↑ 余計にワカリニクイ)

 女王様が主体的に、それこそヤラセ抜きでやって頂けるシチュが理想なのでしょうけど、マゾのワガママ願望であるならば、シラケるのを覚悟で逝くしかないのかもしれません。

 まぁ、問答無用でイキナリ、こういうことされてしまうのがベスト。

 SMクラブなどでは、マゾヒストがお願いして実現する「希望調教」が現実なだけに、筋書きのないドラマを、あえて希望する「筋書き」の中に、マゾの矛盾と理想が混沌と詰まっているのである。

 予定調和を、意識的・意図的にどう予定するかが鍵となるであろう。


[ 2021/12/29 18:34 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)

本当の自分 




  アメにも負けず、無恥にも負けず、嘲笑にも負けない、そんなマゾに、私はなりたい。

 本当の自分って、何だろう?

 そもそも、「自分」ってナニ?

 昔、「顔面騎乗に花束を!」の撮影時に、全頭マスクをつけてプロのカメラマンに撮影してもらいました。

 この時、つい、

 「全頭マスクをつけてる時の自分は、本当の自分じゃないから」

 などと、意味不明なことを口走ってしまいました。

 監督としての重圧にもがきながら、いい写真を撮ろうというプレッシャーもあって、かなり舞い上がっていた現場でのエピソードです。

 まぁ、照れかくしもあったかもしれない。

 どんなシチュだろうと、いつも本当の自分なんだよ。

 二重人格や多重人格でも、どれも、本当の自分なんだ (>_




[ 2021/12/27 19:55 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(0)

死生観(View of life and death) 

 今年も残りあとわずかですね・・・

 このブログをお読み頂いている僕と同世代の人は、お身体の具合はいかがでしょうか?

 長年にわたりお付き合い頂いている方々には、くれぐれもご自愛頂きたいと願っております。

 もちろん「今日初めて読んだよ!」というビジターの皆様にも、同じ気持ちでおります。



 今年は病院の待合室で、ボケ〜と過ごす時間が多かったし、長かった一年でした。

 先日も、雑居ビルにあるクリニックにお世話になったのですが、つい非常口や非難経路を確認してしまった。

 別にいつ死んでもいいかもという心境には、今年はなってしまったのですが、誰かがガソリンまいて放火されてしまうのは、勘弁して欲しいという感じであります。

 大阪の犠牲者の方々のご冥福を、心よりお祈り致します。

 



 これは、今年僕が入院中に読んだ本です。

 養老孟司は「バカの壁」以前からのファンで、これまでに数冊読んでいますが、この本は養老先生の後輩で主治医の中川恵一氏との共著で、最後に漫画家のヤマザキマリとの鼎談(コレが面白い!)が載っていて、深刻なメッセージを伝える内容とともに、エンタメ性も豊かな、「脳にいい」コンテンツでした。

 普段僕たちは、日常的には死をあまり意識せずに、ノホホンと暮らしています(たぶん)

 だけども、大病を患って「死ぬかも?」と一瞬でも思ったりすると、死生観や人生観がガラっと変わったりするものです。

 頭ではわかっているつもりでも、リアルに体験しないと、なかなかここまでの域には達しないように思う。

 養老先生も昨年の6月、心筋梗塞で緊急入院しキワドいところで一命とりとめるというご経験をされました。

 タイムリーな企画といっては不遜な気もしますが、この本はそれをもとに書かれています。

 
 今年を振り返ると、いえ、人生を振り返ると、僕は医者に「あなた、下手すると死んでたかもしれないですよ」と言われたのが、最も衝撃的な出来事でした。

 そ、そんなこと言われても・・・ (>_
 本当に頭が真っ白になってしまった。初SMプレイの時のように (。。)☆\バキ

 詳しくは、過去記事サヨナラだけが人生だ を参照して下さい。

 実際に、ICUで三日三晩24時間点滴で生死の境を彷徨ったらしいのですが、自覚症状的には、どうってことはなかったのに、あとから冷静に振り返ると、人生観、いや死生観が、随分と変わったような気がします。

 五体満足で生きてるだけで、感謝したくなる。

 そういう意味で(あまり意味ないんですけど)健康面で問題なく、悩みのない方々にも、この本をお薦め致します。

 きっと、心に刺さる一冊になるのではないでしょうか(たぶん)・・・












[ 2021/12/25 20:16 ] マゾの本棚 | トラックバック(-) | CM(0)


プロフィール

筆者に宿る仮想人格:homer



 自分に素直になりたい!そう願っているひねくれ者なのかもしれません。平凡で小市民的な暮らしを営む一方で、過激な妄想世界を漂う、無意識過剰の仮性マゾ。







【連絡先】

メールフォーム

励ましのお便りもどうぞ!





月別アーカイブ


【最近のトップ画像】






アクセスランキング

[SMカテゴリー]

14位

アクセスランキングを見る


m(_ _)m



SM名言集



みんな違って、みんないい


yaso―特集+ドール





ブログパーツ